連獄 尾道銀輪パラダイス行ってみた その2  

14052906.jpg

イベント当日 前日に焼肉ビールで乾杯し宿でぐっすり眠り
朝ガッツリ朝食を食らい準備万全でよいパフォーマンスを発揮できそうです。

ゼッケンの着いた自転車はレーサーっぽくて非常に格好良い。
テンションは当日の気温と共に上昇中だ。

14052901.jpg

スタート近づくにつれどんどんと緊張してくる。
緊張でと共にトイレの回数が増える。

結構前のほうに陣取ってしまって大変です。


14052902.jpg

順調にスタートしてからはしばらくは30キロ前後のペースで走りやすく。
前の人に着いたり後ろの人に着かれたりで順調。

景色が綺麗で緊張もほぐれた所で最初の登り。

橋を渡る度に軽く登っていくんですな。

この辺でバラけ始めた。

14052903.jpg

一回目の補給所は万田発酵
会社が応援しているイベントってなんかいいですね。

そうめんがすごく美味しかった。

14052904.jpg

橋を渡り無事大三島へ到着。
ココからはアップダウンの激しいめの本番ポイント。

ヒルクライムも最大勾配は10パーセント行かないくらいで。
一回の登りもそんなに距離は無いので楽しい。

下りは涼しく道幅も広いところが多く気持ちよかった。

大三島もう一度行きたいくらい。

14052905.jpg

大三島での補給ポイントは古い元学校?
今は別のことに使われているのか良くわからん。

この辺で友人とは補給所毎に会う感じのバラけ具合になってしもうた。

めいめいが誰かのケツにつくか着かれる感じで進んでゆく。

一緒にバラバラ。
まるで某温泉スパーガーデンのCMのようです。

14052907.jpg

大三島を抜けた後はひたすら海岸沿いの平坦ステージを60キロほどでしょうか
景色が緑と青でほんとに良かった。
普段グレーな街並みしか見ていないので、ほんと気分がリフレッシュできる。

グレーな街並みしか見てないとやっぱり気分はグレーになるのである。

あとこの平坦区間で前を逃げる友人に追いつくべく本気で踏んでみた。
やはりスパ6は踏んだほうが応えてくれる感じがする。
グイグイ進む。


早いぃぃぃ!

点だった友人にぶっちぎりで追いつくと同時に足が終わる。

負荷が足首に来て痛くて回せない。
回すのをやめると足がつる状態にw

しかしあと20キロくらいだしがんばって行くことに。

いままで全然平気だったのが足首に来てから疲労が一気に来た。

へーへーいいながら橋を超え最後の島

よく考えてみたらスタートは下りだった。
帰り登りジャン!足残ってねーわ。

平地全力スプリントなんかやるんじゃ無かった。
やはり最後に足は残しておくべきなのである。

毎度ちょけてゴールはヘロヘロなのはいい加減学習せよ自分に反省です。



走行距離は120キロ
休憩も入れて一日遊んだ時間は7時間ほど。
走行時間は5時間ほどでした。

120キロの距離初めて走りました性格的に短時間濃縮が好きなのですが、
こんなイベントなら走ってもいいかな。

イベントで補給とか楽しすぎでした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 00:01 [edit]

category: 自転車

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

コメント

行きました^^
良かったです気持ちよかったです^^
強行軍だったので、今度はほんとにゆっくり楽しみたいです

URL | hid #-
2014/05/30 14:57 | edit

あらっ!
尾道に来られたんですね。
しまなみは、イイでしょ!
ゆっくり、買い食いツアーをするともっと楽しいですよ。

URL | ためちゃん #-
2014/05/29 21:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rengokulab.blog.fc2.com/tb.php/327-e3cb6777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事一覧

カレンダー

カテゴリ

参加してます

最新コメント

リンク

Powered By FC2ブログ

CM