連獄 鈴鹿4hエンデュランス

140518.jpg

鈴鹿4h耐久レースに出て来ました。
今年はタイムも短縮していい感じに乗れてました。


もてあまし気味のスパ6でしたが、今回の事でまたちょっとわかった気がした。

いつも乗っていると漕ぎ味が楽しいのはアンカーなんですよ。
スパ6は体に優しくて疲れない感じ。
非常に乗りやすく何処までも漕げる感じがします。

楽しいとはちょっと違う。
いや、楽しいんですが、漕いでるは感は明らかにアンカーが上です。
何でやねんカーボンの漕ぎ方が判ってないのか?
とか色々模索してたんですが、今回またそのポテンシャルを
ちょっとだけ見ることが出来た感じです。

鈴鹿で自分なりに本気で踏んだら楽しいんです。
わかった、スパ6って楽しいの次元が高い所にあるんだな。

なんか回すより踏んだほうが良い感じ。
ぐいぐい進む。

楽しいw


スピード出れば出るほど安定感が増すのでしょうか?
不思議と怖くない。自分が乗れているのかと錯覚してしまいそうでした。


そんな楽しいも体力が無いので持続しない。
一気に上がる息 悲鳴をあげる筋肉w

こりゃもっと体を鍛えてみようかなと思った一日でした。


あと私下りコーナーでの混戦状況の処理が凄く下手です。
その辺上手くなったら10秒以上縮まるなー。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

hid

ためちゃんさん

こんにちは、今回はだいぶ攻めれたので楽しかったです^^

6って踏んだほうがやっぱりよいのですかー。
複数の意見が聞けると参考になります。

踏んだほうが自転車との一体感が増す感じって言うのか
楽しいんですよ。

まわす系と踏む系などは、
メーカーの設計思想で変わってくるんでしょうね。
回す系カーボンがどんなものなのか一度体験してみたい
です。

2014-05-22 (Thu) 09:20 | EDIT | REPLY |   

ためちゃん

お!
鈴鹿!
楽しかったみたいですね。

6は、確かに次元が高いのかもね。
知人のストークと比べたら走り出しが進まない感じがしました。
どうも、大きく分けると
回す系と
踏む系のフレームに分かれるみたいだって知人が言ってました。
踏む系の人は、ストークが進む感じが分からないて。

6は踏む系なのかもね。

2014-05-21 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply