レンゴクくん Cannondale CAADX TIAGRA 色々カスタムしたんで自慢したい  

rengokukun 170604-01

Cannondale CAADX TIAGRA 2017 を購入してから、300キロ程走り色々いじったので
過去の遺産と中古とちょい新品を利用してカスタム あからさまなアフリエイトと共に
ドヤァ紹介などしてみやす。


参考になればうれしいです。


CAADX は2017モデルからジオメトリなど大幅にモデルチェンジ。
上位モデルのスーパーXとほぼ同じジオメトリを採用し、
グラベルツアラー的モデルからシクロクロス競技よりのバイクに変わりました。

競技よりといいつつもダボ穴も完備して、キャリアなども着けれ、
もしシクロクロスにくじけてもそのまま第二の人生を送れるような
逃げ道のある仕様です。

今年はシクロクロス、グラベルロードに挑戦してやろうと思っていながらも
結局くじけるであろうレンゴクにはうってつけのモデルになって登場してきました。

購入サイズは50


カスタムの方向性は、旅さきやレースで壊してもフレームさえ無事なら
さほど痛くない軽量よりも堅牢です。



※撮影の為ライト等は外しました。保安品はまた次の紹介で。

rengokukun 170604-02

コンポーネントはノーマルのシマノ ティアグラ 10S
よく言う「ティアグラで十分」は使ってみて初めて理解
「めっちゃいい」
とにかくスパスパ決まるシフトは操作していて気持ちいい。

シマノなら日本国内何処でもだいたい即納で手に入るので
壊しやすい用途にはやはりシマノ一択なのかなぁと思います。


クランクは当面舗装路しか走る予定が無いので、ノーマルの46tから
家に使わず放置していたスパイダーチェーンリングの50tx34tに変換
リアの12tx28tで日本の舗装路何処でも行ける。
クランクは某オクであわわ申し訳ないーほどの価格で落札。

ガチにならない扱いやすいギア比になりました。


rengokukun 170604-03

ハンドルは大好き シムワークスby NITTOの Wonderer Bar 370mmです。
コンパクトでシクロクロスの様な競技に向いているつくりなのだとか。
ハンドルは幅せまのほうが好みなので、ノーマルの400mmから
交換しています。

ステムはノーマルの6度 90mm
特に不満は無いですが、10度 80mmが試してみたい。

ハンドル廻りは自分セッティングがあるので、まぁ参考程度に。
セッティングは結構大事なんで、積極的に試すべきと思う派です。


rengokukun 170604-04

サドルはこだわりのフィジークアンタレス00 めっちゃ格好いい
サドルも尻との相性が大事だと思われるパーツですね。

最近は、真ん中に穴の開いた系サドルが相性良すぎて
使ってなかったサドルですが今回復活。

レンゴク的にロングライドには向かないかもしれないサドル
ではあります。
めっちゃ格好いいは結局正義



rengokukun 170604-05

ペダルはクランクブラザースのエッグビーター。
使いなじんで今更変えたくないSPD系ペダル。

4面キャッチで何処でも拾えるキャッチ部が売り。
でも結局の所慣れないと割とはめにくかったりします。

はめた後もユルユル感があって慣れるまでは「留まってる?」
といった不安感もちょっとあるのも事実。

でもいままでふいに外れた事は無いです。




ボトルケージはキングケージのステンレス。
ケージなんてどこのでもええやんと思いつつ。

仕上げとかこだわりの説明を受けるとキラキラして
輝いて見えて着けずにはいられない魅力があります。

ボトルケージは旅的用途なら金属製のケージがいいと思うんです。
ちょっと曲げればペットボトルもとめれるので自由度があります。








rengokukun 170604-06

純正のイボイボタイヤではダート走る前にすり減るのがもったいない
ので速攻交換しました。

タイヤは最近気になる MAXXISタイヤ。

使用モデルはRE-FUSE700-28c
この太いタイヤが凄く乗り心地に影響してる。
路面からの突き上げも緩和しているのがよくわかる
パワーロスってどうなんだろうと思ってましたが、
思ったほどでも無かった。

正直わからんw

価格も安く性能も良い目だと思うのです。
23cで230gならもう十分ですと最近思うようになった。

ちょっと前まで1グラムに目を血走らせていたのに
えらい変わりようです。


あとね、純正のホイールが凄くいいんですよ。
なにがいいってラチェット音が凄く上品。
もうこれでいい。
純正ホイール要らない人が居たらくださいw
イボタイヤ用にもう1セット欲しい

参考までに体重56キロで6.5berで乗っています。



rengokukun 170604-07

現状使っていないボルトにはマイナスヘッドのブラインドボルトを使用。
なんでもいいっちゃいいのですがこのマイナスヘッドが
マクロスのバルキリーチックで個人的にツボ




rengokukun 170604-08

これだけは即換えたかったブレーキ廻り。
油圧も視野に入ったのですが、旅的用途だと油圧より
ワイヤーの方がトラブルに強いと思い採用したのはTRPのワイヤー式キャリパー。

ワイヤーで2ポットを実現した製品。
ノーマルの片側1ポッドより絶対いいと思います。
交換最初全く効かなくて「ええええええ」となりましたが
一皮むけると普通に効くようにようになりました。

油圧にしなかったのはシマノの油圧レバーデザインが
どうしても気に入らなかったのと、価格・・・。

もうちょっとデザインがこなれてきたら考えようかどうか。
現状で十分すぎる性能なんですがなんだか心がざわつきます。





rengokuchan1706042rr.jpg


レンゴク的には狙った用途にしぼれたいいカスタムになった
と自己満足できてるんですがどうでしょう。


これから色々ツーリング用途にカスタムを計画してます。
なんか今色々マウントやバッグを探すのが楽しいんですよw

↓明日の活力活性につながります
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:01 [edit]

category: レビュー

プロフィール

最新記事一覧

カレンダー

カテゴリ

参加してます

最新コメント

リンク

Powered By FC2ブログ

CM