連獄 冬装備

fuyus2.jpg

今年は起毛系冬ウエアを色々買ってみました。


筋肉疲労が本当に少ない。

買ったのはMCNってブランドの起毛パンツとコンプレッションインナーシャツ
比較的安めで、ロゴの主張が無いので気に入っています。
お気に入りで7分丈と普通のレーパンや付属アイテムは全部ここ。

メーカーロゴがでかでかと入ってるとコーディネートが難しいので
無地が助かります。


コンプレッションウエア始めて着たのですが、良いですね。
これは実感出来た。

体の疲労が全然無いんですよねー服も凄くなったもんだわ。


ちょっと高いのがたまにきずですが、メーカー気にせず
トップスインナーで中に着るなら職人さんのお店に行けば安くあるし、お勧め。

レーパンは売ってませんが。


fuyus1.jpg

あとグローブも。

roeckl ってメーカーです。

下りで手がかじかんで、つると言う非常事態に冬用グローブを購入しました。
もうボロボロで指先が出てたりしてたので、それが原因かもしれませんが、
まぁ良い機会なので。

オートバイでも冬用グローブはもこもこで嫌いでつけなかったのですが、
このグローブは比較的もこもこしてなくて良いです。

手のひらに厚めのパッドがついていて人に優しそうですが、
握り心地どうでしょうねー。




思い切って買いましたよええ・・・。
いやほんと冬服買うの久しぶりでちょっと楽しかった^^
スポンサーサイト

連獄 クリート

IMG_3052.jpg

汚い靴裏ですなw
LOOK keoカーボンを使っているのですが、

最近クリートをグレー(4.5°)からブラック(0°)に換えました。

合体してるあいだも着脱も断然ブラックが良かった。
遊びがない分外すときのくるぶしの負担も少なくてよい。

ペダリング時のグラグラ感も無くなった。(これは単に磨耗してただけか)
いずれにせよローテーションと定期的な交換は必要ですね。

冬用の装備がそろそろ必要になって来ましたね。
起毛パンツが欲しいです。

連獄 頚椎症ポジションから

pj0001.jpg

現在は、頚椎症に対応した極力アップライトなポジションになっています。
それでも最近ステムを5mm下げました。

登りも比較的楽な姿勢で登ることが出来ます。

最近は慣れてきて、乗っていても肘も曲がり余裕が出てきました。

平地を走っていてちょっと窮屈に思えてきたので
思い切ってポジションを追い込んでみようかと思います。


首の調子も良く筋トレにて良い方向になってだいぶ思考が前向きになりました。
調子悪いときはもうひたすら寝ていたのでえらい進歩です。
自転車いいじゃん。



現状は身長1630mmで

シート高さは650mm

シート前後は規定前MAX

ステム高さは5mm

ステム長さ75mm

ハンドル幅S-S400mm

クランク170mm

調整できるのはこの辺ですね。

これを

シート高さは655mm

シート前後は規定前-5mm

ステム高さは0mm

ステム長さ90mm

ハンドル幅S-S400mm

クランク170mm

ぐらいまで持っていこうかと考えます。


ポジション変更を思い立ったのは、やはりたたずまいがイマイチ
格好良くないから・・・。

機能美はやはり追い込んだスタイルほど美しいと思っちゃう年頃なんです。
変なやつだなぁ・・・w

後は変更して走りがどうなるのかちょっと体験してみたいってのもあります。
最初にアンカーで出してもらったポジションとほぼ同じぐらいになるはず
なんですが。

さてどうなるでしょう。

十三峠 1回目

133004.jpg

葡萄坂とりあえず足つき無しで登れたので、次は十三峠登って来ました。

スタート前のマイチャリです。
最近は山登りばかりしているのですっかりアルミホイール。
下りチキンなので、ブレーキを引きずる僕は、アルミじゃないと降りきれないと当然の選択。


133011.jpg

登り始めは緩やかに登っていきます。
タイムアタックならこの辺は飛ばすのでしょうが、
無駄な体力は使わず、温存の為ゆっくり登ります。

程なく行くと10%前後の勾配が延々と続く登り。
スピードは10キロ行かないか行くかぐらいのスローペースで登ります。
もう無茶はしない、登りきる事を目標にじわじわと登ります。

序盤は結構余裕でローギア一枚残して登ります。
後半にさしかかり1キロきった時点でローギアへ。


最後足は余裕もって登れましたよ。

つる気配も無く疲労もたいして前回の葡萄坂以降
溜まらない感じに足がなってます。

全く足りてないのは心肺機能。
もう全然駄目。

反省点は、朝にハンバーガー食べて登らないこと。
胸焼けで気持ち悪かった。

次はもっと距離を伸ばしたいですね。

連獄 葡萄坂登ってきた3回目

IMG_2928.jpg

葡萄坂3回目登って来ました。

今回は足つき無しで登頂成功。

無事ミッションコンプリートですね。

前回ひどい足ツリで歩行に支障出るほどの痛さが水曜くらいまで続いたのですが、
痛みひいてからちょっとづつリハビリこなし、今回は様子見にあがるつもりで
ゆるゆると登りました。

結果あまり疲れずに登りきれちゃいました。

まぁ速度は遅いんですけどねー。

心拍を90%ぐらいで走ることを目標にじわじわと登りました。

ペダリングはローでまわすまわすを心がけ、色々ポジションを
換えたり使う筋肉を変える意識で体フル回転です。

なるほど登るコツつかんだかも。

早く登るコツ・・・ではなく、とにかく登りきるコツをつかんだ
気がします。

スピードはおいおいついて来るでしょうと願いたい。


さてさて問題の下りなんですが、やはり激坂の下りは怖いです。
ちょっとした下りは好きなんですが、僕には峠の下りは罰ゲーム
並に怖い。

怪我したらもともこも無いのでセーフティマージンで下りましょう。

連獄 葡萄坂登ってきた2回目

bufo.jpg

へぇ、調子にのって行って来ました葡萄坂二回目。

今回は足をつかずに登りきる。
が目標。

まぁ競技目的ではなく楽しむ為に登るのでそんな感じ。
多幸感を味わいに行きます。

今回は友人と現地集合。
で早く着いたので1キロ程登ってみました。

最近ちょいちょいとトレーニングしていたので足は軽い。
アウターでちょっと負荷掛け目に走れてる。

おお??いけるんじゃねこれ?と高まる期待。

シューズからかクリートからその辺りから、ぎしぎしいってなんか違和感。

まぁいいカーとそのまま降りて待ち合わせ場所へ。

ここでジャージのポケットに穴が開いていることに気がつく。
縫い目から解けて荷物が落ちそう。
そんな感じでしたが、針も糸も売って無いので、そのまま放置して
登り始めます。

序盤からいきなりトラブル。
無理はしないようにと心がけながらインナーに落とすの忘れていて登ってました。
あ!無理しないで登るのにアウターは無いだろーと
落とそうとしたのに、何故か間違えてリアをシフトアップw

あーっと思ってダウンしようとしたら更にシフトアップした所で
チェーンが外れてペダルが動かなくなりました。

クリート外そうかと思うより先にあきらめて落車。

おおう・・・。

交換したばかりのディレイラーがキズキズだぁ・・・。
こけるなら左だろうよ・・・。
とうなだれると

前で友人が待っている。


待たれるとあせってテンパる。

あせるから先に行ってくれっていっても待ってるのでさらにテンパる。

まったくなに休憩してんの?と思いながらチェーンを治して再び走り出します。
この辺り、序盤から自分のペース忘れてましたw

ゆっくりダンシングするつもりが、強ダンシングw
で1キロほど上がっちゃう。

うぁアカンとシッティングに切り替えてグイグイ登りだす。
この辺は足が予想外に廻るんで苦にならず、ちょっと落ち着いてきました。
しんどいが、以前よりも登れている自分に自信が出てくる。


ちょっと欲出した。

これが悲劇の始まり。
前回より一枚上のギアで走りきるが今回の一つの目標でしたが、走れちゃうので
もう一枚上で走り出しました。

あら登れるじゃん?じゃあもう一枚。





ぜんぜん駄目ジャン!!
あきらめて二枚戻すも時既に遅し。


一気に足に来た。


2/3辺りでスネ筋が両方悲鳴をあげる。
半分つってる状態で、ダンシングしながら伸ばしてたら
今度は右ふくらはぎがつるw
うあ・・・と前後のばしてたら左ふくらはぎもつったw

あきらめて自転車を止める。

降りた瞬感に本格的につるw

前後つっているのでのばせないw
仕方が無いので筋肉を押さえてひたすら我慢




ほどなくましになって来たのでやめりゃ良いのに登り始めるべく自転車にまたがる。

車が来ないのを確認して走り出す。



足がふわふわでクリートがはめれない。
ここで二度目の落車。

なんなんだ今日はw

とりあえず深呼吸して落ち着いて、登りだす。
もう足に力なんて入れられないので、上半身で登るイメージで
ひたすら登る。



最後の九十九折の所で友人も心が折れていたw

前回僕が心折れた所と全く同じ所ですよw

ココまできたらあとはもう少し。
がんばれーと登りだす。

車で降りる家族連れに応援されつつ九十九折でまた足がつる。

もうグダグダである。

でも登らないと気がすまないので、変電所まで登りきりました。
ゴールでひたすらつる足を回復させます。

でまぁ回復したんで折角なんで残りも登ってなんとかやりきりましたわ。


タイムは34分

前回は29分で、5分遅れ。
ナンダヨー。

翌日はふくらはぎがやばいほど痛かったのでしばらく回復に努めることにします。
回復したら走り始めないとアカンナー。

サボったら筋力落ちるのはマッハなんですよね。

連獄 カーボンフレーム

カーボンフレームで良いフレームってなに?と
気になりだして色々調べてたら、LOOK 586SLが惚れた。

色々調べてたらますます好きになった。

でもまぁ一直線にそれだと買ってから「あーん・・・」ってなったら嫌なので

対抗馬にキャノンデールスーパーシックスとサーベロのR3を出して来ました。

性能的や、色々見る中で、スーパーシックス買っとけば万事OKだと思うのですが、
LOOKに惚れた。

キューンとテンションがあがり、もはや有れば買う状態だったのに中色々調べてたら2014は
もう無いと。

なんだよーうそれ。

で対抗馬だけだとなんだか自分的にライバルを失った虚無感になってカーボンはしばし
先送りになる感じ・・・。



今回は画像データ間違って消しちゃったので、無し・・・。ぬぬぬ。

連獄 淡路島60キロだけ行って見た

wji10001

淡路島に行ってきました。
今回は1週せずにアワサンブンノイチ。

60キロほどの行程です。

あいにくの空模様で雨がぱらつくも強行。

いきなり道の駅でたこ丸焼きをほおばる。

wji10002
そして淡路三大廃墟の一つ巨大観音像。
圧巻のバブルの塔です。
横にあった塔の頂上部分の飾りが折れてて下の喫茶店に落ちそうになってて怖かった

この辺から雨が結構本格的に降り出した。

wji10003

次の休憩場所はアートカフェ。

wji10004

広い敷地には色々なオブジェが飾ってあります。


wji10005

恐竜やUFOなど中々のオブジェや、一歩間違うと廃墟やゴミ的なものから
色々ありますw


wji10006

ここではランチ 野菜メインでヘルシーメルシーな感じ。
香草が沢山使われているので、苦手な人は苦手かも。
僕は大丈夫でした。

wji10007

そしてデザートはチョコスポンジに包んだチーズケーキ。
これは文句なしに美味い。
おかわりしたくなるほどに。

ひとしきり休憩も終わり、雨が小雨の間に出発と出たらまた降り出すw

とりあえず島の反対側へ抜けるべく峠越えです。
この間の5%~7%勾配のアップダウンが続くのですが、中々楽しかった。
楽しい時間はあっと言う間に終わり、折り返しの一本道。

雨も凄くなってきたし、時間もおしていたのでので寄る予定の場所も寄らず
ひたすら漕ぎます。



wji10010

橋の下に戻ってきたころにはもう完全に冷え切り
装備の充実を考えますね。


wji10008

そしてここでも淡路バーガーを食う。
焼肉たれ味でめちゃ美味い。
これははまる。

wji10009

ジェノバライン前でネコ。
可愛いのう。

wji10011

ラストしめは明石焼きうどんと

wji10012

たこ飯

流石にもう食えないw
うどんは残してしまいました。
もったいない お店の人にごめんなさいです。


まぁ喰いすぎw




今回は悪天候でしたがそろそろ自転車もオフシーズンですし
遠出よりも近場になると思うので、走れてよかった。
淡路はリベンジせねばなるまいと。


ブレーキをシマノのカーボンブレーキシューにしたのですが、
これが雨でも良く効くブレーキで下りがだいぶ楽でした。
ホイール廻りどろどろになるけど、安全が一番です。

連獄 葡萄坂登ってきた

aa13.jpeg

最近登る事が楽しくなってきてやばい感じです。

葡萄坂登ってきました。

距離は4キロ 最大斜度は10パーセント。 

そんな坂に挑戦。

ええ、もちろん登ってる最中はガンガン抜かれましたよ。
へろへろになりながら登りましたとも。


今回の課題はダンシング的な事も織り交ぜつつ
休み休み遅くとも登る事。

なんとなく出来た感じです。

aa12.jpeg

しかし残念なのは一度足つきしちゃった。
サイコンで心拍見てたら表示心拍がいつまでたっても下がらなくて

でも自分は息整ってるのになんでや??

何でや??って疑問に思いながら前のラスト九十九折を見たら気分が
悪くなって、一度とまっておりた途端に足をつってしまいました。


とりあえず息も上がってないので、もうサイコンは距離だけ確認して一気に
ラストスパート。

へぇ時間はかかりましたが、登った。ええ登りました。

滝畑より勾配あるのに滝畑より楽でした。
なぜだろう。


aa11.jpeg


ゴールは登ったよって言う為に登るだけのような所なので、
更に上に行くことに。

休憩してはったローディの方に聞くとちゃーっと行ってぱっと行ったら
自販機や休憩する場所あるとの事。

行ってみたら全然ちゃーっとじゃない。

つーことでのどか村でそばを食べて降りました。

降りるときが劇寒でした。
ただでさえビビリのダウンヒルでも寒くて余計体力使いましたわ。



次は足つき無しで登れるなー。
山登り楽しくなってきた。

登ってる間はきつくて文句ばっかり言ってるのですが、登りきった後の多幸感が凄いんですよ。

良いんだ。遅くても楽しいんだ。

プロフィール

レンゴク

Author:レンゴク
RENGOKU lab.

まったり自転車漫画三色団子ちゃん掲載中です

無断転載はご遠慮願いますー。


愛車
CANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD
CANNONDALE SIX13
CANNONDALE HABIT6
CANNONDALE HOOLIGAN

最新記事一覧

三色団子 ちゃん 第120話 団子ちゃんたちのハロウィン Oct 22, 2017
三色団子 ちゃん 第119話 団子とともちゃんのパン屋ライド5 Oct 21, 2017
三色団子 ちゃん 第118話 団子とともちゃんのパン屋ライド4 Oct 20, 2017

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

参加してます

↓明日の活力活性につながります にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

CM