連獄 Cannondale HOOLIGAN   

16032001.jpg

結局フレームとリムだけノーマル状態の HOOLIGAN
結局こうなるのである。

はいお約束。
ご近所お買い物 男のロマンこれでスーパーにお買い物もウキウキカスタム。

16040702.jpg

ドライブトレインは MTBパーツにしました。
フーリガンにはやっぱりMTB系パーツがしっくりくる。

SHIMANO DEORE XTをシングルで装着リア10T フロント34Tで乗っています。

前回リア10Tのフロント50Tで乗っていたときにヒザいわしてしまったので、
身の丈にあったギアが無難と勉強しました。

今のギアだとチェーンがケーブルステーにちょっと当たっちゃうんですが、
ミニ四駆のタイヤ切って貼り付けて保護してます。
当たりっぱなしでもないので今の所まぁ問題ない。

16040703.jpg

ブレーキはついに油圧!SHIMANO DEORE XT
ご近所お買い物バイクにはハッキリ言って必要ない装備。

油圧よいですね、少しの力で凄い効いてくれるので楽です。

今のところ用途が買い物ぐらいですwこれで釣竿持って野池めぐりとかしたいですね。


     
スポンサーサイト

Posted on 15:00 [edit]

category: これまでの連獄Lab

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

連獄 トップボルトはチタンと言う贅沢  

16030601.jpg

トップキャップのボルトはとにかくチタンにしておきたい。
乗っていて一番目に付く所だから、お気に入りのパーツをインストールしておきたいもの。

こんな小さいパーツでもニヤニヤしながら乗れるんです。

Posted on 21:54 [edit]

category: 自転車

連獄 CANNONDALE HOOLIGAN  

16010101.jpg

HOOLIGANをとあるイベントの景品で頂き、弄ってみたら結構格好良くなったので自慢したい。

HOOLIGANは2008年発売された小径車。

往年のキラーVを彷彿させるMTB的なルックスで格好良い。

16010102.jpg

カラーはTREE FROG 流行のマットでミリタリーチックな感じの非常に私好みのカラー。

飽きの来ないデザインだと思います。

自転車歴初のディスクブレーキにテンションMAX。そのうち油圧に変えたいです。

16010105.jpg

没個性なぱっとしないクランク。

チェーンラインの関係でカバーははずしてあるが、外したほうが断然格好良い。

ペダルは純正が気に入らないのでMBX用のプラペダル。

安くて削れても気にならないのでハードに使えると思う。

16010106.jpg

現行HOOLIGANはBBまわりがエキセントリックBBとか言うやつ。

内装3段でリアでのチェーン張りをフロントで行うためのやつらしい。

自分ではあんまり弄りたくないポイントですなぁ。

16010107.jpg

ノーマルは内装3段ギアで、ハブもでかく軽快さに欠くルックスの為てこ入れ。

巷のカスタムが多段の方向に行くのが一般的みたいなので逆行してみた。

FIREEYEのシングル用ハブを使用して、内装3段からシングル仕様に。

スプロケは気合の10t フロントの48tとあいまってクソ重いですが、転がりだしたらそうでもない。

シングル化したことによりシフターなどが無くなってスッキリした印象でお気に入りポイントになりました。

16010103.jpg

前々からフーリガンのタイヤは太いのを入れたいなと思って

タイヤはマキシスのフロント1.95 リア1.75を使っています。

フーリガンはやっぱ太いタイヤが似合う。

リムに貼られていたPOPなステッカーは速攻で剥がしましたよ。

トレッドパターンもあいまってハードなダートライメージが出来たかなと思います。

16010108.jpg

トムソンのステム、カクカクっとしたデザインがでカッケー。

1.5規格のステムって選択肢があまりない。

あまりない中で良いデザインのステムに出会えたのは良かった。

ロードは未だにうーん・・・て悩むのに。

気に入ったのでポジションが固まったらシートポストとハンドルもトムソンに換えてやろう。

16010109.jpg

グリップは WTB ORIGINAL TRAIL をチョイス。

シフターが無いのでハンドル廻りも非常にスッキリになりました。

16010110.jpg

WTB Valcon pro です。

MTB系を弄る時は、柔らか系パーツはWTBにしたいという悲願達成。

穴空きサドルですが、股間との一体感が異次元で、僕でもレーパン履かなくても乗れる良いサドルと出会いました。

※サドルの相性は個人差がありますw

16010111.jpg

クッション製は硬くも無く柔らかくも無くいたって普通。

相性がよいのでそんなもの気にならないといった感じです。

べた褒めやな。

マイナーチェンジ後のカスタム例がネットでもあまり見ないので、参考になれば幸いでず。

Posted on 16:32 [edit]

category: 自転車

連獄 自転車のポジション  

15102001.jpeg

通勤で本格的に乗るようになってから、すっかり自転車を弄るよりも乗るほうが楽しくなりました。

最初は踏むペダリングで色々模索しながらポジションを調整。
だいぶ踏めるようになってきたところで、今度はまわすペダリングが気になりだした。

そうなると今度はまわすには踏むに特化したポジションじゃまわしにくい事が
判ってくる。

サドルはドンドン後退して高さが下がる。

ミリ単位で調整しだしたら止まらない。

クリートの位置を見直したり色々してるうちに今絶賛迷路中です。

Posted on 20:57 [edit]

category: 自転車

連獄 キャノンデールの2016モデルをほびっとが試乗してきた  

15092701.jpeg

キャノンデールの試乗会でフルモデルチェンジとなったCAAD12とSUPERSIX EVO HI-MODに試乗してきましたよ。

今年のモデルから目を引く細くなったストレートフォークと
シナプスと同じ径になり、フレームフォークシートポストで
トータルシステムでの展開になりました。

シートポストが細くなってウェーマジかよって思っていましたが、
なんかシートポストが結構セクシーな形していていい感じ。
気にはなっていた。

そう私は身長が162cm サドル高さは642mmのホビットです。
果たしてそんな私にキャノンデールはそのトータルとしての性能の
堪能させてくれるのか。

走行感よりもそちらが先ず大事

15092703.jpg

CAAD12 サイズ48
全体的にシェイプアップされたフレームでホリゾンタルと言うよりフレームの形状で
ちょい逆スローピングに見えるほど。

クロモリチックで原点回帰。
考え方が変わると形も変わる。
THEロードバイクって感じ。

戦闘的なイメージ前絵へ前へと駆りててくれそう。
めちゃくちゃ格好良い。

シートチューブを伸ばし、変形のシートチューブで振動を軽減
乗り心地を良くしているそう。


わしやっぱりシートポスト使えませんがな。
って事で普通のシートポスト。

やっぱり。

ホリゾンタルでシートポスト出てなくて全然問題無いですが、
それならやっぱりシートポスト選びたいなぁ。

ちなみにシートポストの細さはさほど気にならず。
だってほとんど見えないもの。

乗ってみた感じは、金属の乗り心地
硬い?軽い!自転車楽しい!

こまケー事は抜きにしてCAAD10にアルミってこんなに軽いんか、
スピード出るんかってニヤニヤしてたのを思い出しました。

15092702.jpg

SUPERSIX EVO HI-MOD サイズ48
同じく細くなって非常に格好良い。
このシルバーモデルに惚れた。

私の自転車の理想形がここにある

48サイズならスローピングになっててシートポスト使えるかも。

結局ノーマルシートポストでした。

シートポストの出具合は前モデルと変わらないので、やっぱり
選択肢が無い細いポストは不満だ。


乗った感じは、CAAD12より私は断然スパ6
速く乗れるイメージが走り出した瞬感に感じることが出来た。

思わずニヤニヤ顔が緩みっぱなし。
欲しいw

と言う事で、試乗してみた結果
ホビットはエロ格好良い新型シートポストは使えないと。


そこが残念でしかない。
ただ別売りの細いシートポストカッコウいいのが出るとか出ないとかなので
それに期待しましょうかね。

Posted on 21:48 [edit]

category: 自転車

連獄 ノーマルクランクにしてみたら、あらこれは良いものだ  

15092301.jpeg

クランクをノーマルクランクといわれるサイズにアップしてみました。
53t-39t

ずっと換えたいと思っていながらも、びびって先送りにしていたのですが、
今回縁があって、キャノンデール純正SISL2で実現。




今回ツーリング先がアップダウンしかなく距離は短いが
地味にえぐい小豆島がデビューコース。

なのでリアは11t-28tです。
ビビッてますが良いのです。


走ってみてですが、コンパクトサイズよりも
ノーマルサイズの方がまわしやすいと言うかなんと言うか。
言葉にしづらいですがペダリングがピタッとハマりやすかった。
まわしやすい。
いったい何をビビッていたのかと一気に晴れやかな気分に^^


一番ビビッていたヒルクライムです。インナーが34tから39t
に上がった事で登れるのか心配だったのですが、結構登れるモンですね。
よけいな心配でした。

むしろ34tより39tのがぐいっと登れるので好み。
もうコンパクトは要らないと思った。

Posted on 11:42 [edit]

category: 自転車

連獄 ロルフプリマ ヴィガー って  

15090801.jpeg


前々から気になっていたロルフプリマ
値上げって事でこれ以上はタマランって事でいってしもうた。
しばらくはご飯にふりかけである。

ヴィガーの真ん中グレード。

33mmのハイトに特徴的なスポークパターンでカッコイイ。
リムのハイトは30mmぐらいが自分の体力と格好いいがつりあう丁度のサイズ

オールラウンドに使えてかつ格好良い。


それがこのホイール。

初めて乗った時硬い硬いと噂だったが、やっぱり体の芯に来たw
上下の突き上げがすげえと。
これは僕には無理ですよとしばらく考えラテックスチューブに変えたら激変
全く大丈夫になった。

ラテックスすげぇ。
これなら何キロでも走れるわ(言いすぎ

走ってみて思ったのは、40キロまでスルスルと加速する。
サイコンみて「え、マジか」って思うほど加速しやすかった。
0スタートからの加速はENVEよりも疲れない感じです。
加速してる感はENVEのが上かしら。

その辺は味付けも違うとおもうので一概にどちらが良いとかは違うと思うんですが、
両方とも格好良いからいいものだ。

よく言われるスポークがない感じってのは残念ながら
僕にはわかんないです^^

登ったり下ったりまだしていないので今度のツーリングで色々感じてみます。

Posted on 22:15 [edit]

category: 自転車

連獄 SIX13ギアの数を多く多く心に刻むのです。  

15090701.jpg

ROTORのエアロチェーンリングが速そうで格好いい。
格好いいとても大事。

通勤によりなんか走れるようになってきたような気がしてきたので、
調子に乗ってチェーンリングとカセットの歯数を変えてみました。


フロントはアウターが50t→52t インナーが楕円の36t変わらず
リアが11t-28t→11t-25tへ

スピードが「出せる」方向へギアをチェンジ。

平地通勤に使っているとこちらのギア比のほうが良く使うギア周辺が
使いやすくて楽しくなった。

気がします。

がんばれば出せるスピード域の上にもっとがんばれば出せるスピード域が増えた感じ。
代わりにがんばらなくても出せるスピード域は減りましたが、そのスピード域は
いつの間にか使わなくなっていたのでこれでOK


懸念していたっつーかちょっと心配だったヒルクライムですが、
これで3キロ程峠を登ってみたのですが、インナーのギア調整がガタガタすぎて
イライラしましたがギア比でも問題なく登れました。
いけるやん。

おれいけるやん。


15090702.jpg

熱病のようなIYH
バーナーのビッグプーリー。
いまいち効能がわかってないパーツ。
比較検討するにもしようがないのできっと
抵抗が軽くなっているのだろうと信じきる。

まぁなんだ、格好いいが正義
格好いいで20パーセント抵抗が減る。
そんなパーツ。

シマノはサードパーティパーツが充実なのが楽しいですね。
もっと魔改造したい。

Posted on 09:35 [edit]

category: 自転車

連獄 通勤1号カスタムをまとめてみた  

150801.jpg

普段通勤に使っているCannondale CAD2 R300 サイズは50
完成車を格安で買って送料がおおう・・・。だった魅惑の一台

初期目標はパクられても痛くない通勤自転車がコンセプトだったのですが

どうしてこうなった。

結局は某オクをにらめっこしたり、色々探したり中古パーツなど厳選しながらも
こだわり抜いてしまった。


乗り心地はといいますと古いアルミは硬いと言われていますが、
これが硬いのかも正直判らんのです。
持ってる中で一番推力に変えやすい?直感的に乗ってて楽しいです。

ギア比やホイールの恩恵がでかいかもですが、とにかく前に進む感が
判りやすい。

風になっている自分がペダルを回せばまわすほど実感しやすい
そんな感じ。


150802.jpg

コンポーネント
クランクはSRAMのシングルダイレクトクランク BCD130
それにWolf Tooth Componentsのチェーンリング44tを着けています。

Wolf Tooth Componentsはシクロクロス用とされていて、
チェーン落ちを少なくする為の工夫があります。
歯がちょっと長くて落ちにくい。

実際まだ落ちたことが無い優れもの。


ペダルはクランクブラザーズのエッグビーター。
この棒だけがすばらしい。



150803.jpg

ディレイラーはギブネールの10速
カセットはシマノアルテグラ6800 11t-23t 11速
をギブネールのスペーサーを入れて12tー23t 10速
として使用してます。

へんな使い方ですが、他の自転車と共通パーツを使いたかったのでこんな構成

11速ディレイラー使えばいいじゃんって話ですが、「使えるんじゃね?」
って言う実験的好奇心から結局11速じゃ変速出来なくてこの構成
になってます。

ギブネールのディレイラーが使いたかっただけなんですわ。

150804.jpg

シフターはギブネールの11速

ハンドル廻りをすっきりさせたかったので、ここに配置。
シングルなので、バーコン1個がちょこんと着いてる感じが
気に入ってます。

フリーシフトにしてディレイラーと無理やり同調させてます。

11速シフター
10速ディレイラー
11速カセット→10速化
11速チェーン

をフリーシフトで強引にシフト

とまぁ中々カオスな組み合わせではあります。

フロント44t リア12tでトップギアを踏みきれて10速フルに使える
スピードはマックスに届かないけど、気持ちのいいフィーリングで
乗れるコンポーネントになりました。
危ないし通勤にトップスピードは要らんのです。


150805.jpg

ブレーキはSRAM RED 中古ですが型落ちしてもメーカートップグレードは
色あせないですね。

使い込まれたアルミの鈍い輝きが、歴戦の勇者っぽくてカッコいい。

あー開閉のレバーが開いてあいてますねー。

150806.jpg

BBはクリスキングのターコイズ。
色が綺麗な発色。
ただBBのタップが精度悪くて、硬かった。
情熱だけで絞めちゃったので、傷が・・・。
限定なのに・・・。

150807.jpg

ヘッドパーツもクリスキング
BBとあわせてターコイズであわせることが出来た。

1インチはほんと選択肢が少ないですが、どうせならと奮発
後悔はみな10年も前に済ませた。

フロントフォークをワンバイエスのカーボンに変えたいけど
高い・・・。

150808.jpg

サドル廻り

セライタリアのSLRは薄いくせに尻にぴったりくるし、腰に来ない。
自分はサドルの旅はこれで終了したほどのぴったり感すばらしい。

シートポストは中華のですが、これも不安に思っていたけど
何も問題なく使えている。

やぐらの上に載せるタイプよりもこの丸やぐらタイプのが、
すっきりしててシートポストがあまり出せない人にはいいと思う。

色々試しての結果です。

150809.jpg

黄色のバーテープが主張するハンドル廻り

ハンドルがシムワークスの370幅
ステムはZIPPの17度 90L

非常にコンパクトにコクピットを演出出来た。


レバーはギブネールの全身レトロシフトのレバー。
レトロシフトの部分を外したら、ただのテクトロレバー
やんけぇ。

ブレーキホースが2本だけでひじょうにすっきりしたハンドル廻り
この何もない必要最低限感がすばらしい。




ジャージを着ないで乗れる街乗りカスタムを目指したのですが、
こんな感じでどうでしょう。

オールドキャノンデールが非常に気に入ってしまったので、
いい出物があれば積極的に手に入れたいですねぇ。

Posted on 10:39 [edit]

category: 自転車

プロフィール

参加してます

最新記事

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

リンク

Powered By FC2ブログ

CM